予防歯科

歯が痛くなる前の検診が大切です。

歯医者に来るのは、「歯が痛む時」「歯茎が腫れた時」「詰め物や冠が取れた時」などまだまだ何か症状がある時に来院される方が多いです。
虫歯や歯周病のような慢性疾患は、悪くなってから痛くなってからの治療をしていたのでは、口の中の良い状態は長くは保てません。
歯や歯茎の病気の多くは、細菌の感染症です。ひどくなるかどうかは、生活習慣や体質によって決まります。虫歯、歯周病の原因を調べて、生活習慣を改善することが本来の治療と考えております。年をとっても歯の健康を保っていたいと誰もが思っているでしょう。
予防歯科は、歯だけではなく、全身の健康にも役立ちます。
かなデンタルクリニックは、歯科ドッグ学会認定医の立場から玉川学園周辺の地域のあなたと、あなたのご家族の「かかりつけ医」として、定期的な検診、デンタルケアおよびアフターケア を行います。
「痛くなってからの受診ではなく、予防ケアのために歯科医院に通っていただく」
それが、地域の皆様のお口の健康を守って健康の後押しをしていくという本来の歯科医療だと考えています。 予防歯科が大切です。
治療が終わり、痛みや異常が解消されても、今度は口の中の良い状態を維持してもらう為、3ヶ月に一度は定期検診を心がけて欲しいです。
地域の皆様が歯の治療中心の医療から、予防への意識を高めてもらい、予防歯科の重要性を感じてもらい、ご家族全体の歯の健康へと広めていければと考えております。

予防歯科でできること

治療のその後、良い状態の維持をしていただく為に、かなデンタルクリニックでは、3ヶ月に1度は定期検診を薦めております。お口に中の状態を確認して、今後予想される状態を早めに把握することにより、改善する為のアドバイスなどを行っております。
地域の方が、当院へ足を運びやすいように、歯に対して理解してもらえるように、そして確認しながらコミニュケーションを第一に日々診療しております。
細菌検査 唾液を検査することで虫歯菌・歯周病菌・カンジダ菌(カビ菌)など、今回の口の異常の原因や今後予測される口の中の状態を把握でき、生活習慣の中で改善できる部分改善していき、異常が起こる前に定期検診などでお口の中を健康を維持しましょう。
高齢者や障害をお持ちの方はうがいや飲み込みがうまく出来ない事もあります。
口腔機能検査・飲み込み検査をすることで、食事をとりやすくアドバイスできます。
フッ素を歯に直接塗布する事で虫歯の酸の元、ミュータンス菌の働きを抑制します。
歯質を強化する作用もあり、虫歯になりにくい歯を実現します。
フッ素には
【酸に対して強い歯に】【歯質の強化】【歯の再石灰化の促進】【虫歯の原因となる酸の生成を抑制】
という作用があります。
フッ素は安全ですので、小さいお子様には、虫歯になりにくい歯にする為にフッ素塗布はオススメです。
予防の基本は、毎日のブラッシングです。
きちんと磨いているつもりでも、きちんと「磨けている」とは限りません。ブラッシング一つをとってみても、人それぞれ「クセ」が存在します。
定期検診などでこれらを確認してブラッシングの改善なども行っていきます。歯間ブラシもデンタルフロス同様、歯ブラシでは取れない歯と歯の間の歯垢を取ってくれます。
1日1回!忘れたら次の日!と長く続けて習慣にするには、初めの気持ち次第かもしれません。
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を使って行う歯のクリーニングのことです。
どんなに念入りにブラッシングしても、セルフケアだけでは歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などにこびり付いたプラークは完全に除去しきれません。そんな部分を徹底的にクリーニングできるのがPMTCです。PMTCでは、歯ブラシの行き届かない部分に残るプラークをすべて除去します。
PMTCとセルフケアをバランスよく併用し、健康なお口の状態を維持しましょう。

診療科目一覧

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯列矯正

診療項目

  • 一般歯科・小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・歯列矯正